クレジットカード現金化をすれば強制解約されてしまうの?

お金に困った時に頼りになるクレジットカード現金化ですが、やり方によっては強制解約などのペナルティを受ける可能性があります。
どんな場合に強制解約になるか、強制解約を避けるためにはどうすれば良いかなどを簡単に説明していきましょう。

クレジットカード現金化で強制解約になるのは

強制解約となる可能性があるのは、クレジットカード現金化を行っていることが発覚した時です。
法律的には問題のないクレジットカード現金化ですが、カード会社の規約には違反する行為となります。
購入履歴などから現金化を疑われると、その時点で一括請求やカードの利用停止などの措置が取られることが多くなっています。
一時的な現金化であれば利用停止などのペナルティで済むこともありますが、常習的に現金化を行ってたことが発覚すれば強制解約となってしまう可能性があるので注意が必要です。
強制解約となってしまうと、そのカード会社では二度とカードを作れないと考えておく方が良いでしょう。

強制解約による影響

クレジットカード現金化が原因で強制解約となってしまった場合、信用情報にも影響を与えることになります。
信用情報に強制解約された情報が記載されれば、その情報が消えるまでの間、クレジットカードや借入などの審査に落ちやすい状態となってしまいます。
強制解約になっても、新たにカードを作ればまたクレジットカード現金化を行うことができると考える人もいるでしょう。
しかし、数年はカードを作れない状態となる可能性があるため、クレジットカード現金化を行う際には強制解約にならない形での現金化を心がけておくことがおすすめです。

強制解約になりやすい現金化

クレジットカード現金化を疑われやすいアイテムが、ブランド品や商品券です。
時々購入をするだけであれば、クレジットカード現金化を疑われる心配はまずないでしょう。
しかし、毎月のように収入に見合わないようなブランド品を購入する、給料日前になると商品券をまとめ買いするなど怪しい履歴が残っていれば常習的に現金化を行っているのではないかと疑われることになります。
カード会社から現金化を疑われたくない、強制解約などのペナルティを避けたいという場合は、怪しい履歴を残さないように現金化を進めていくことがおすすめです。
そのために有効な方法が、専門業者を使った現金化です。

専門業者を使った現金化のメリット

強制解約を避けたい時は、ネット上で運営しているクレジットカード専門業者の利用を考えてみると良いでしょう。
クレジットカード現金化業者であれば、商品券の大量購入など怪しい履歴を残すことなく、現金化を行うことができます。
さらに、購入したブランド品や商品券を買取して貰うために、複数の店を巡ったりする必要もなく、手軽に現金化の手続きを進められるというメリットもあります。
ただ、安全性の高い業者を選んだとしても、カード会社の支払いが滞れば強制解約などのペナルティを課せられたり、信用情報に傷をつけてしまうことがあるので、現金化をした後は支払いが終わるまで気を抜かないことが大切です。

安全にクレジットカード現金化を行うためには

クレジットカード現金化を行ったことによって、強制解約などのペナルティが発生することを避けたい場合は、疑いを持たれるような履歴を残さないことが有効です。
履歴から現金化を疑われたくない場合は、商品券やブランド品を使った現金化ではなく、専門業者の活用を考えておくと良いでしょう。
クレジットカード現金化の専門業者であれば、強制解約になったらと不安を感じることなく現金化の手続きを進めることができます。